So-net無料ブログ作成

私個人的な意見のテクニカル投資、ファンダメンタルズ投資 [株式投資]

注意!!
このブログは、管理者の、個人的な偏見、意見で成り立っています。
そして、管理者は、投資に関してただの素人です。このブログを参考には投資なさらないことをお願いします。
投資なさる時は、自己責任でお願いします。
上記、ご理解くださることをお願いします。

私個人的な意見なのですが、テクニカル投資とファンダメンタルズ投資についての、個人的考えを少し。

まず、結論から言えば、私個人は、テクニカル投資家であり、ファンダメンタルズ投資家でもあります。

ただ、暴落時、長期下落相場時ではありますが。

なぜ、テクニカルと、ファンダメンタルズ分析を両方使うようになったかというと、両方、勉強していたというのもありますが、私個人的考えですが、おそらく、片方だけでは、上手く機能しないのではないかと、私個人が感じたからだと思います。

最初は、テクニカルから入ったのですが(本屋に行くと、テクニカル分析の本がほとんどの様な気もします)、多分、当時、「酒田五法で勝率80%」とか、「○○論理で毎日が給料日」とかの本を目にして、株に興味を持ち、チャートブックを月足、週足、日足で買い、売買して、資金がショートした記憶があります。

これに懲りて、ウォーレン・バフェットに憧れて(のちに勉強の中で彼が純粋な長期投資家でないとわかるのですが)ファンダメンタルズ分析に傾倒して四季報を買ったりしていくのですが、当時の日本は、どんなに頑張っても下がるんですよね。今はわかるのですが、ほぼ毎年、1〜2回は暴落する。

暴落すると、ファンダメンタルズ分析関係なく、売りが売りを呼び、私も、売ってしまう。

ファンダメンタルズ分析を信じきれなかったのが悪いのでしょうが、ファンダメンタルズ分析をしていたとしても、私個人程度の分析では、勝率3〜5割が良いところ、かつ、暴落時に慌てて売るので、資金がショートしたんですよね。

ただ、諦めなかったのですが。

結果、テクニカルとファンダメンタルズを両方使うようになったのですが、やはり、暴落にやられる。

なので、暴落後、もしくは、下落トレンド中に、テクニカルとファンダメンタルズが良い銘柄を少しずつ拾っていき、上昇相場時に、現金化して、次の暴落後、下落トレンドに備えるという様なスタイルが出来上がっていきました。

一般的な買い物でも、良い品物をより安く買いたいですよね。

私個人的な意見なのですが、株でも、私は、良い品物をより安く沢山買えるときに買っておきたいです。

私個人程度の分析ですが、ファンダメンタルズ分析で、良い銘柄だなと思ったら、テクニカル分析で安くなってないかなという様に追いかけていく。

ですから、暴落後や、下落トレンドの買い付けが多いですね。

私個人程度の分析、参考にはなりませんが。

私の今のスタイルです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。